So-net無料ブログ作成
検索選択

レトロな一品!AKAI GXC-710D [AVネタ]

 こんなものがあった。 

 写真の下の方にあるのが、AKAI GXC-710Dというカセットテーププレーヤーだ。

 今では全然音楽を聴かなくなった父も、結婚前はオーディオにはまっていた時期があるそうで、そのときに購入したものらしい。本人も買った時期までは覚えていないようだが、だいたい30年くらい前に買ったものだそうだ。

 ここでやはり確認してしなければならないことがあるだろう。

 

     これはまだ動くのか。

 

        やった!

      しっかり現役だ!

        しかもかなり音がいい!

 

 昔ラジカセで録音した、決して録音状態のいいとは言えないテープを引っ張り出してヘッドホンで聴いてみた。

 するとノイズは多いものの、そんなことを忘れさせるくらいに僕のモニターっぽく鳴りがちな再生環境よりも、オーディオを楽しむために作られたような温かみのある音が鳴っている。

 解像度は低い。だが聴いていて心地よい音だ。

  

 この製品は僕が物心ついた時点ですでにただの置物と化していた。もし家にこれを含めたオーディオセットが整っていたりしたら、僕は今頃間違いなくオーディオ廃人となっていたことだろう。様々なものに興味を持ちつつ、オーディオにその比重を傾けつつある現実と、どちらがよかったと言われれば・・・どっちもどっちだよ。結局は廃人だもん。


nice!(3)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 13

tamegorou

AKAIのカセットデッキかぁー
いいですねー
テープが聴けるぐらいなら、
たとえばCDの音などを、RECモニター状態でヘッドホン端子から聴くと、
けっこう良い音しそうですねー
1枚目の写真、気の良さそうなお兄ちゃんが見えますが?(笑)
by tamegorou (2005-08-09 19:41) 

ahtoh

>>tamegorouさん
コメント&nice!ありがとうございます。
本当だ!気付かなかった!
思いっきり反射して写ってる!
別にそのままでもよかったのですが、
なんだか恥ずかしいので差し替えてしまいました(笑)

ちなみに、僕もRECモニター状態で聞いてみようかと考えてみましたが、
入力端子に対応したケーブルを持っていなかったので断念しました。
by ahtoh (2005-08-09 20:34) 

モッズパンツ

ahtohさんのお宅にもちゃーんとお宝があるじゃないの。w (゚∀゚)ノ
そのタイプのオーディオセットはレコードプレーヤーを残して数年前処分しました。アンプが故障していたので。 (´・ω・`)
上の赤いのが気になるんだけれど、何ですか? (・∀・)?

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2005-08-09 21:22) 

ahtoh

>>モッズパンツさん
コメント&nice!ありがとうございます。
いやー、お宝度はモッズパンツさんのには全然かないませんよ。
いわばただの古いプレーヤーですから。

気になっている上の赤いのはそのうちネタにするので、
今はおあずけということにしておきます(笑)
by ahtoh (2005-08-09 21:46) 

moonrabbit

AKAIというとNRのアドレスが良かったなぁ・・・と、ん十年前を思い出します。(^^;
by moonrabbit (2005-08-10 01:49) 

ahtoh

>>moonrabbitさん
コメントありがとうございます。
お恥ずかしながら、僕はそもそもAKAIというメーカー名さえ全く認知していなかったので、メーカー名に反応できる皆さんがすごいと思えてしまいます。
・・・結構有名なメーカーだったんですね(笑)
by ahtoh (2005-08-10 02:08) 

T.

しまった! ahtohさんの顔を見そびれた!(笑)

フレームが木製というのが年季を感じますね。
最近ではこういうデザインはめっきり見なくなりました。レトロブームとか言って、こういうのが出てきてもいいと思うけど。
by T. (2005-08-10 14:18) 

> ・・・結構有名なメーカーだったんですね(笑)
あの、ご承知の上だとは思いますが、AKAIは今も現役のメーカーです。いろいろあって民生用オーディオメーカーとしてのAKAIはもはや存在しませんが、その流れを継承する“AKAI Professionals MI”というデジタル楽器、音響機材メーカーとして立派に存在しています。

この会社のMPCシリーズ(打ち込みの機械とサンプラーが一緒になったようなもの)は、特にアメリカでのヒップホップやR&B系の黒人ミュージシャンにとってのバイブルみたいな存在で「コイツがあるからあのグルーヴが出せるんだ」というような独特のノリで今なお愛好者が多いです。

ちなみにこの会社のHPを覗いていたらインターネット限定販売で面白い真空管アンプを見つけました。きっとここを読んでくれているような皆さんは興味があるんじゃないでしょうか。内容とデザインからすると決して高くないように思います。

http://www.akaipro.jp/products/akaipro/am1t/am1t.html
by (2005-08-10 14:53) 

tamegorou

Tad先生、はじめまして。
すばらしい情報ありがとうございます!!
全くもって、ノーチェックでした!
A&DのカセットデッキやAKAIのサンプラーを所有していたこともあり、
このアンプ、凄く興味が湧きました。
今後もよろしくお願いします!
by tamegorou (2005-08-10 17:40) 

ahtoh

>>T.さん
このレトロくささがどこかいいですよね。
こんな感じの製品をあまり高くない価格で販売したら、
女の子に受けがいいような気がします。
オーディオとしてよりもインテリアとして重宝されそうです。

僕の顔といっても、ぎりぎり眉毛辺りまでだったんで、そんなにがっかりしないでください(笑)

>>Tadさん
そうだったんですか。
昨日ホームページを見て、今でも音楽を作る側の人が使いそうな製品を扱っていることは知りましたが、そんな愛好者の多い製品のメーカーのものと知り、少し嬉しくなりました。
たまには使ってあげようかな(笑)

ところで、リンク先の製品は僕にもツボな感じの製品でした。
他の様々な製品にも、開発者はいろいろとこだわっているのでしょうが、
こうやって製品紹介のところで開発者のコメントが入ると、
より気合が入って作っているように感じてしまいますね。
by ahtoh (2005-08-10 22:34) 

smokineria

2の方からこっち来ました。

デジタルに慣れてしまうとわからないが、圧倒的にアナログのほうが音がいいんだよ。

だから私はアナログマルチトラックテープレコーダーを探してるのよ。
by smokineria (2005-10-27 10:37) 

ahtoh

>>フルアコさん
コメント&nice!ありがとうございます。
アナログマルチトラックテープレコーダー・・・?
よく分かりませんけど、何だか凄そうな製品ですね(^∀^)ノ
いつか見つかるといいですね!
by ahtoh (2005-10-27 13:30) 

ゆうじ

アカイGXC-502Dステレオカセットデッキを愛用しています。テープスピードを調整したいのですが、この製品は走行用モーターが直流モーターではなく、交流モーターが使用されています。テープスピード設定の使用周波数は西日本の「60ヘルツ」用のモータープーリーに駆動用ゴムベルトが掛けられております。直流モータのデッキではモーター内部の基盤の可変抵抗で速度を調整できますが、交流モーターではどのように調整すればよいのでしょうか。
by ゆうじ (2016-05-03 14:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。