So-net無料ブログ作成
検索選択

Pioneer Stellanovaシリーズについての現時点の感想 [オーディオネタ]

昨日発表されたPioneer Stellanovaシリーズ。
売りはなんといってもこれでしょう。

「ワイヤレスで、ハイレゾ再生(DSD含む)」

最近部屋での音楽再生が、iPhoneからAirPlayで飛ばして据置機で再生というお手軽環境に依存している自分には実に興味深いところです。

また同社のワイヤレスドックAPS-WF01Jを使っている身として、夢を見つつも実現できていなかった、「iOS機器とUSBオーディオ機器をワイヤレスで接続して再生」がハイレゾ対応でできるという点でも注目しています。

しかし飛びついて買うか?というと、正直微妙です。
この製品群の構成は以下の通りです。

1.ワイヤレスユニット
2.USBDAC + アンプ
3.スピーカー x2

これは昔から書いてきた気がしますが、一度設置したらまず移動させない大きな据置機器なら、コンセントの数が増えても文句はありません。
しかし1と2が片手で持てるサイズでありながら、ACアダプターが2つ必要になり、
1,2間のUSBケーブルも必要になり、おまけに隣接した場所に置くであろうスピーカーと2の間もケーブルが必要となると取り回しが実に不便です。

全然スマートじゃありません。
申し訳ないですが、微妙に好きになれない本体デザイン以前に、ケーブル取り回しがアウトです。
もしかしたら全部一体型なら買ったかも?


ワイヤレスユニットの話

機器的にハイレゾ対応製品ということでくくってしまえば特筆すべき感想の出てこない2.3はさておき、1のワイヤレスユニットはPCドライブ用をメインに発売されたワイヤレスドックと何が違うのか。
分かる範囲で調べた限りでは、

1.USBポートが1つから4つになったため、HUBをかませなくてもよくなった
2.「アシンクロナス転送」対応のため、音質向上につながる

くらいの違いでした。
気になったのは後者ですが、現時点でワイヤレスドックとPCとUSBオーディオ機器をワイヤレス接続して特に問題はないので大きな問題ではないと思っていました。

そこでiPhone6にリリースされたばかりの「Wireless Hi-Res Player ~Stellanova~」を入れてみると、驚いたことにうちのワイヤレスドックは問題なく認識しています。

なのでワイヤレスドックにOrasonicの卵型スピーカーTW-S7を接続すれば、AAC音源くらいなら遅延もなくすっきりしたワイヤレス再生環境ができる!

・・・と思っていたのですが、実際に出てきた音は歪むは遅れるわでとても聴けた音ではありません。

相性問題も考えられたので、iPadや他のUSBオーディオ機器で検証してみたりしてもダメ。
ワイヤレスドックの接続方法を、ブルーレイ再生にも対応できるアクセスポイントモードにしてみても、ダメです。

あわよくば・・・と思った目論見は崩れ去りました。

このアプリを使いたければ、ちゃんとワイヤレスユニットを買えということなのかもしれません。
逆に言えばここがうまくいかなかったから、これまでIOS機器とワイヤレスでのUSBオーディオ機器との接続をサポートしてこなかったのかもしれません。
これは本当に対応していないのかメーカーにちょっと聞いてみます。


アプリの話

またTwitterでもつぶやきましたが、このアプリ「Wireless Hi-Res Player ~Stellanova~」ですが、ワイヤレスユニット、USBDACアンプを買ってしまえば意外と良さげなのですが、全く同社製品を買っていない人が手を出すならまだしも、同社のワイヤレスドック活用者が使おうとする場合にも結構シビアです。

ハイレゾ再生対応にするには有償。
ただしお金を払っても、DSDはPCM変換での対応限定。

使い方次第では外部のストレージのデータも、iOS端末のライブラリも読み込めて、CDもALACでリッピングできて、それらを外部USBオーディオ機器でハイレゾ再生できるというよさげなアプリだと思います。
こんな機能の高いアプリってありましたっけ?


ONKYOのHF Playerもハイレゾ対応のために有償になったので、それ自体にはあまり不満は感じませんが、お金を払っても中途半端というのはとても買う気になれません。
かといってハイレゾ対応機器をすでにお持ちの方が抱えていそうな悩みってこれじゃないでしょうか。

「今更こんな下のクラスの機器、わざわざ使う気にならないわ。」


アプローチはいいのですが、どこか惜しい感じがしています。
気にはなっていますので近々実物を見に行って、感想は変わるかどうか・・・。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0