So-net無料ブログ作成
検索選択

タニタのハイエンド体重計 RD-903 [その他のネタ]

仕事の会議の内容が当初の予定から全然違う方に行ってしまう。
まあ、ある話です。
一人の脳内でさえ、全然違う方に行ってしまうのだから防ぐのは難しいですよ。

自分の脳内

 実家宛の荷物、はこBOONで送ってみるかな。
>え?重さ自己申告?しかも少なく見積もっていたらあとで追加で取られるの?
>体重計買うか。
>そういえば今スマホ連動とかで体重管理できるやつあったよな。
>ふむふむ、調べるといろいろあるな。もう少しでアラフォー突入だし、今後の健康管理も兼ねていいのを買っておくか。

そんな中、基本スペックの高さにやられて購入してしまったのが表題のRD-903です。
しかしほんの思いつきの体重計に、まさか2万円以上払うことになるとは・・・。


デザインは近未来感バッチリ。





梱包内容の質素さには少し驚いた。
2つ折り1枚の厚手の紙のマニュアルがあり、接続関係に関しては記載のQRコードでアクセスしてねということと、ごく簡単な説明のみ。
事前に各種情報端末に対するある程度の知識を要求されている感がある。
個人的には生活家電系こそ普段から情報端末に親しんでいない人でも分かるような細かい説明が必要だと思うが、細かい部分はサポートしきれないんでそっちで何とか解決してねという姿勢はあまり感心できない。


スマホとはBluetoothで連携し、測り方はアプリの「データを入力」ボタンを押して体重計が起動後乗って測る形になる。
生理的に遠隔で操作している感が気持ち良い。
そして測定結果は随時スマホに蓄積していって、身体の状態を管理できる。
タニタのアプリ HealthPlanetでiPhoneに表示される結果はこんな感じになっている。


IMG_1873_Fotor.jpg


見せられるような状態でもないが、隠すまでもないと判断し具体的数字も公開(笑)
前回との比較も表示されて変化が分かりやすい。
しかしこれを見て、これらの数字どうなの?と思うのが普通だと思う。
使い方が分かるまで、わざわざタニタのHPを見に行って基準値を調べてしまった。

アプリに関しては結構不親切で、かつ標準設定では活動量計、血圧計、さらには尿糖計とリンクする設定もホーム画面に表示され、それらを揃えると一括で管理できる。

言い換えると、そっちも買え買えオーラが半端ではない(笑)
囲い込みを狙って中途半端なアプリを用意せずに、素直に標準のヘルスケアに対応しろよと思っているユーザーはきっと少なくないだろう。
アプリのレビューではその話ばっかり。
でもヘルスケアではBMI、LBM、体脂肪率、体重しか残しておけないし、せっかくの細かい項目が保存できなくなってしまうので、そこは一応擁護しておきたいと思う。

買え買えオーラはアプリのホーム画面のカスタマイズで解消できる。
体重計のみリンクさせたい人は歩数とか血圧の項目をOFFにして、体組成計の基本と詳細の項目をONにすると求めていた画面になる。

IMG_1874_Fotor.jpg

この表示になると、自分の数値がどの範囲にあるのか一目瞭然。
っていうか体重しか測れないくせに連動するモデルなんてないんだから、デフォルトで分かるようにしないのが謎。

そして新製品の売りの筋質についてはホーム画面の更新が追いついていなかった様子。
7月発売でもう2ヶ月経ってるんだからしっかりしてほしいものだ。

また他者製アプリとのコラボもされているようで、萌え系の「ねんしょう2+」、デブがイケメンになるのを手助けする「ふとしの部屋」、トレーニング補助の「SitApp」に対応している。

体重計とのコラボにより、手入力で行っていたものが自動で行ってくれるようになったくらいの差か?

ただ思い違いかもしれないが、スマホと紐付けを維持できるのは1アプリまでで、幾つかのアプリで扱おうと思ったら都度ペアリングが必要になるようだ。
一度に複数アプリに送る、HealthPlanetから読み出す。
そんな仕組みにはなっていない。
ペアリングのやり直しは結構面倒臭いので、実質的には1つのアプリを使うことになるだろう。

下位モデルであるRD-902との違いは、体重の最小表示単位が100gか50gか。
そして本体で表示できる項目が少し減るくらいの差で、実売約2000円違っていた。
自分は後々気づかない微妙な不満を抱えたくないので上位のRD-903にしたが、液晶表示も全部まとめて表示されるわけではなく、上下ボタンで表示を切り替えて見る形なので多くの人は多分そんなことをしないで手に持ったスマホでチェックするだろう。
ならば全然RD-902でもアリだと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。